コラム

渋柿家・柿渋染め帆布〈マイスタートート〉

皆様こんにちは。

おっきな台風が近づいています。皆様どうかお気をつけてお過ごしください。
台風には来てほしくないのですが、変化の激しい空はいつもと違う美しさ。

奈良県橿原市2019年8月13日の空模様

list_kakishibu_canvas_bags

こんな、滲んだようなフシギなのもあります。

list_kakishibu_canvas_bags

雲の高さも色々。

list_kakishibu_canvas_bags

見るからに早そう。

list_kakishibu_canvas_bags

遠景も含めた大パノラマ。雲の名前やらなんやかんやは、雲に詳しい金平糖さんに後できいてみましょう。

台風の接近時にはお出かけ前にご確認をお願いいたします

さて、明日2019年8月14日は水曜日。もともと香久山鞄店は定休日です。台風の進路とその影響によっては、次の日、15日(木)も実店舗、Web店舗ともに営業を見合わせる可能性がございます。お出かけの前、また配送をお急ぎのWeb注文をお考えの場合も、当Webサイトをご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

そんな天候にもめげずに、本日も本題に入らせていただきます。

柿渋染め帆布〈マイスタートート〉は何かが〇〇〇っぽい

今日ご紹介する柿渋染め帆布バッグは、前回に引き続き〈マイスター〉シリーズ。今日的な見た目と大容量が魅力です。

list_kakishibu_canvas_bags

いつもの如く、バッグをじーっ、と見つめていましたら、あることが分かりました。

〈マイスタートート〉の秘密

冒頭で「今日的な」、と申しましたが、別に他の柿渋バッグが今日的じゃないとかそんなことではございません。他の言葉を使うと……躊躇しておりますが、言ってしまいます。

「何かが“モード”っぽい」のです!ハァハァ、思い切って言ってしまいました。

list_kakishibu_canvas_bags

“モード”、なんて言ってしまうと流行り廃りの影響を受けてしまいそうに聞こえるので、私はこの言葉を使いたくなかったのです。

ですが皆様、ご安心下さい。このバッグは、あくまで流行に関係なく愛されるものです。それに加えて、今とくにツボなところがあるように思えたわけです。
何がそう思わせるのでしょうか?

  • 何より、プロポーション(とくに持ち手)
  • 特徴ある素材に少々こってり目のディテール(部品の使い方)
  • 容赦ない使い勝手の良さ

ポイント1:プロポーションの秘密

ディテールが共通しているマイスターブリーフよりも“モード”っぽく見える理由はおそらくこの大きめサイズと、プロポーション。ほぼ正方形なのが、珍しい。持ち手が長くて、男性が無造作に肩から掛けてつかえる。

list_kakishibu_canvas_bags

きちんとして見えるのでビジネスシーンでも使えるのですが、こうしてサイズが大きいとよりカジュアルに見えます(Don’t ask me why)。

その、ラフな感じが“○―ド”っぽいのかもしれません(連呼するのが憚られて一文字隠してみました)。

ポイント2:こってり目のディテール、とは?

list_kakishibu_canvas_bags

ブリーフのときには触れなかったのですが、黒マットなファスナーを合わせているところもポイント。想像してみて下さい。例えば、ファスナーテープが茶色でも随分印象が変わってしまいます。この黒マットファスナーと黒ニッケルの金具が「ちょっとかっこいい」を演出。

ポイント3:容赦ない使い勝手の良さ、とは?

私の若い頃に比べて(苦笑)、商品のリサーチが誰にでも簡単にできるようになりました。何を買うか、どれを選ぶか決定する前に皆様比較検討されるわけです。というわけで、今どきのバッグや革小物は使いやすさ充実。この〈マイスタートート〉も負けていません。

今回はいつもと違う方法でポケットの解説をいたします。

list_kakishibu_canvas_bags

じゃーん。

はい?あっ、わかりにくいですか。

すみません!

おっと、大事なことをお伝えし忘れていました。このバッグのもう一つの魅力は、「面積が大きいから素材の魅力がより味わえる」ことです。

写真を撮りながらも、柿渋染めのシワや自然なムラがよく見えるなーと思っていました。

大きめのバッグをお探しの方、おすすめです!

香久山鞄店 二見

今回登場した商品はこちらから購入できます。