コラム

撥水帆布×ヌメ革のリュック、5つのおすすめポイント。

こんにちは、香久山鞄店のスタッフよちこです。今日はお店で絶大なる人気を誇る帆布リュック、 撥水帆布×ヌメ革のリュック(ヨコ)BP_SMIC061について書いてみたいと思います。

帆布リュック

撥水帆布×ヌメ革のリュック(ヨコ)BP_SMIC061

です。画像の色はアイボリー。

おすすめポイントその1:ひたすらかわいい。

帆布リュック

ブリーフトートの形なのに、なぜかおしゃれなリュックになってしまいます。なんでしょうかこのあふれんばかりの愛らしさ。 ご来店されたお客様は、あらかじめリサーチされているのか、「あ、あったあった!」という感じでご購入されております。 ひと目会ったその日から~とばかりに、ハートを鷲掴み。どうしてこんなにも好きになっちゃうのか。

帆布リュック

クロスファイア、略して「クフ」 通称「ロ」

このヌメ革ストラップのクロス攻撃にやられます。革と革のバロムクロスです。 だがストラップをクロスさせなくても使えることが判明しました。

帆布リュック

バロムクロス解除。

クロスもいいけど、フリーポジションもいいよね。ということで、体型や状況に合わせて、3パターンの使い方をオススメしています。3のストラップの取付は、伝統的なヨーロピアンスタイルのスクールバッグである「サッチェル」に近いといえるかもしれません。新しいけど、実は古典的かつ奥ゆかしいスタイルです。

おすすめポイントその2:とにかく丈夫で長持ち。

帆布リュック

付属部分には高級なヌメ革(栃木レザー)を使っています。

帆布リュック

主素材は富士金梅という渋いネーミングの帆布。

安価な素材で作ったバッグはどう使ってもすぐにダメになりますが、いい素材であれば、大事に使えば何年でも使い続けられます。

おすすめポイントその3:雨を弾き、風を通す撥水(はっすい)帆布。

帆布リュック

水を弾きます。

雨つぶ程度であれば水滴をしっかりと弾きます。そして乾けばサラリと風を通すという仕組みは、かつてトラックの幌やテントに使用されていた防水加工をアレンジしたもの。出自は業務用でありながら、でもキュートな見た目、そしてナチュラルな色使い。このギャップがたまりません。

おすすめポイントその4:正真正銘の2wayリュックです。

帆布リュック

こちらの色はグリーン。

モスグリーンほど濃くはなく、うぐいすのような、抹茶のような、雅味あふれる色あいです。なんだか見てるだけでほっこり。

2WAYリュックっていろいろありますが、リュックとしては使えるけど、もう1つの使い勝手がイマイチな「なんちゃって2WAY」が多かったりします。でもこのリュックはベルトを外せば、おしゃれなブリーフトートバッグとしてもしっかり使えます。

帆布リュック

今日からラブリービズ(Lovely Biz)スタート。

帆布リュック

でも、バックル金具が底に残ってるので、ロボコン99てーん!

おすすめポイントその5:クレバーな価格帯。

しっかり、丈夫な作りの日本製。素材もけっこういいものを使ってる。それを日本の職人が丁寧に仕上げています。それでいて2万円を切る驚きの価格です。いいものだけど、ちゃんと手に届く価格というのはうれしすぎる。これって本当に賢い買い物じゃないでしょうか。

今回登場した商品はこちらから購入できます。