コラム

ショルダーストラップの金具修理

こんにちは、革と帆布のかばん専門店 香久山鞄店のスタッフよちこです。

いかにしっかり作った鞄といえど使い続ければいつか壊れるときもある、ということで香久山鞄店では、ご購入いただいたバッグの修理も承っております。

今回の修理依頼はショルダーバッグのストラップ。

バッグの金具,ナスカン

これが何の部品かわかります?

この金具は、ナスカンと呼ばれる金具です。主にショルダーストラップとバッグを繋ぐために使われているのですが、ストラップを通す部分と、バネで開閉する部分とに分かれています。ナスカンは部品同士を自在に連結させることができるので、あると便利なパーツ。複数の部品を組み合わせた構造のため、金属同士で強度差があった場合、長年使用していくと削れてしまうことも。

ショルダーストラップ

こうしてみるとどこが壊れているのか、わかりませんが……

外れた金具

ご覧のとおりすっぽり抜けてしまいます。

今回のケースでは、くるくると回転する軸の部分が摩耗して痩せてしまったことが原因と思われます。 破損は片側だけでしたが、片側だけ交換してもいずれもう1つも破損する可能性が高いため、予防修理として今回、同時に金具を交換するご提案をいたしました。

修理後

帰ってきたストラップ

こうして無事に修理完了。

ナスカン金具を新しいものに交換しました。これでもう大丈夫です。

   
ナスカン部分、拡大

一気に古びた印象ですが、新品の金具です。

修理前と比べて、金具に古美加工、すなわちアンティーク加工が施されているため新しいけど古い。決して錆びたわけじゃないんですよ。修理の都合上、ナスカンだけでなく、カシメ鋲(丸い金具)も交換しておりますが、こちらはあまりに地味すぎて変わったことすら気がつかないレベルです。撮影した画像を見てても、あれ、カシメってこんな色だったっけ? ぐらいにしか思ってなかったもん。

ナスカン部分、拡大

使い込むとこんな感じ。ピッカピカ!

またお使いいただくほどに、こうしてゆっくりと磨かれていくことでしょう。