• 渋柿家・柿渋染め帆布2WAYポーチ cl-ka-1
  • 渋柿家・柿渋染め帆布2WAYポーチ cl-ka-1
  • 渋柿家・柿渋染め帆布2WAYポーチ cl-ka-1

※商品の色はお客様ご利用のモニタなどの影響で若干誤差が生じる場合もございますのでご了承ください。

※商品画像小物類は撮影用のサンプルです。

※お電話・メールでも ご注文承ります。

こちらの商品は色落ちが生じますので予めご了承ください。 また、仕上りの季節により、色合いやムラが異なりますのでご了承ください。

渋柿家・柿渋染め帆布2WAYポーチ cl-ka-1

12,857円(税込)

型番: cl-ka-1

付属のショルダーベルトは肩掛けのミニショルダーとして、バッグ背面のベルト通しを使ってウエストバッグとしても使用できます。最小限の荷物でお出かけに丁度いい、革よりも軽くて丈夫な柿渋染め帆布を使用した2WAYショルダーバッグです。
カラー 在庫 お気に入り
ブラウン

欲しい物リストに登録しました。

×

予約ボタンイメージ の商品はご予約での承りとなります。次回製造分入荷後の発送となります。

獲得ポイント: 257 ポイント

サイズ: 横 23.5 ×縦 14 ×マチ(奥) 5 cm

主素材: 柿渋染め6号帆布

重量: 約:205g

※商品の色はお客様ご利用のモニタなどの影響で若干誤差が生じる場合もございますのでご了承ください。

※商品画像小物類は撮影用のサンプルです。

※お電話・メールでも ご注文承ります。

こちらの商品は色落ちが生じますので予めご了承ください。 また、仕上りの季節により、色合いやムラが異なりますのでご了承ください。

ショルダーバッグイメージ

革よりも軽くて丈夫。布の最高級品、柿渋染め帆布。
渋柿家・柿渋染め帆布2WAYポーチ

伝統的な技術と独特の染めから生まれた趣のある逸品。6号帆布という頑丈な布に柿渋染めを何度も繰り返すことにより、より強固に仕上った素材。抗菌性や撥水性も兼ね備えたまさに布の中の最高級クラス。ヌメ革とのコンビでできあがったこのバッグは伝統の技法と現代の感性をおりまぜた他にはないスタイルです。柿渋をふんだんに使った渋柿家のバッグ。お出かけが楽しみになること必至です。

 

染め上げるのに1カ月、さらに生地を寝かせる期間およそ2か月

渋柿家のバッグには6号帆布が使用されています。柿渋染めにこだわるクロスライン社では長年の研究により6号帆布が最も柿渋染めバッグに適しているという結論にいたりました。しかし、厚く強固な6号帆布に柿渋の染料を染み込ませるのは難しく、さらにバッグの生地として使えるまでにかかる時間はおよそ2、3カ月は必要とされます。それでも独自の技法と柿渋に対する妥協しないこだわりが他の追随をゆるさない独自の個性を生み出しました。

縫製が困難なくらいの頑丈な素材

 バッグの縫製で一部に布の縫い目が一直線でない箇所がございますが、それは使用している帆布がもともと頑丈であり、さらに柿渋染めを何度も繰り返し行うことでより強固な素材に仕上っているためです。針を通せる箇所がなくなるくらいに繊維が吸着し合あった布の中を、針が通りやすい箇所を通って縫っているため縫製のラインが一直線にとれない箇所がでてきているのです。

柿渋は、青柿を砕いて絞った汁を、発酵熟成させた天然染料です。柿タンニンにより塗布物に防虫、防腐、耐水性を与える性質があります。日本古来から漁網、酒袋、和傘、漆器など、日本人の生活に幅広く利用されてきました。近年、化学塗料の普及と共に影をひそめていましたが、再び、その価値が注目され、さまざまな用途での利用を見直されております。

 

効果はすべて天然の柿渋によるものですので化学染料や薬品の効果との違いがございますことを予めご了承ください。

 

ショルダー?ウエスト?気分によって使い分け

バッグにはショルダーベルトが付属しており、ショルダーベルト取付時は肩掛けのミニショルダーとして使用できます。付属のショルダーベルトを外し、バッグ背面のベルト通しを使ってウエストバッグとしても使用できます

 

 

 

長財布、文庫本、スマートフォンなどが収納できるサイズです。

 

かぶせ下表面に薄マチのファスナーポケット(写真左)、バッグ内側収納部に小物用ポケットがあります(写真右)。

 

天然にこだわったオーガニックバッグ

“エコなスタイル”を持つ喜びと楽しさ。柿渋染め帆布のいろいろな特性とともに経年変化を楽しみつつ、自分だけの“マイバッグ”へと育てあげてください。。

レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。