鞄工房山本のランドセル職人が作る鞄、財布

新年明けて2日目、
1月2日のバースデーカラーは月白でした

2020年1月9日

皆さまこんにちは、鞄工房山本の晴之です。
1週間ほど過ぎてしまいましたが、今日は1月2日のお話です。 1月2日のバースデーカラーといえば、「フロスティホワイト」です。鞄工房山本の鹿革18色で言うところの「月白」ですね。 ということで、今回の主役は月白さん。その名のとおり、月の淡い光を彷彿とさせる少し青みがかった白色。そんな幻想的な色に登場してもらいましょう。

1月2日は初夢を見る日でもある

その前に、1月2日は新年ならではの特別な日でもあります。
それは、「初夢を見る日」。初夢の定義はいろいろあるようですが、一般的には1日から2日にかけて見るか、2日から3日にかけて見るかのどちらか。 「どっちやねん」と思いますがどちらも夢を見たならば、内容が良かった方を初夢としてしまって良いのではないでしょうか。

そこで! 見て縁起が良いと言われているのは有名な「一富士二鷹三茄子」。 実はこれには続きがあること、ご存知でしたか? ズバリそれは、「四扇五煙草六座頭(しおうぎごたばころくざとう)」。 これらが夢に出てきても今年一年、縁起が良いようですよ!とは言っても、夢を見ないかもしれないし見たとしても忘れてしまう…… 一週間前となったら尚更です。私自身も覚えてませんもん。すみません!来年に見るであろう初夢のために、覚えておきましょうね!

お正月に見る「白」

考えてみると、お正月って「白」がよく登場しませんか。前回紹介した七草粥やお餅、もっと寒ければ雪だって見ます。 そんな中、1月2日のバースデーカラーが「フロスティホワイト」なのはなんだか嬉しくなってしまいます。 もっとも、当店に「フロスティホワイト」はございませんので「月白」の紹介となるのですが……

鹿革小物

(手前から)

生成り L ファスナー小銭入れ 15,000円(税別)
名刺入れ 15,000円(税別)
ラウンドファスナー長財布 39,000円(税別)
ブックカバー 15,000円(税別)

細かいことは気にしない!
ところで、月白は革を白く染色した色ではなく、革本来の色。無染色です。 「生成り」も無染色ですがあちらは「タンニン鞣し」そのままの色で、こちらの月白は「クローム鞣し」そのままの色です。 この月白をもとに、茜色や空色などのパステルカラーが染め上げられていきます。

そのあたりのお話を詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みいただければ完璧です!

★過去のブログはこちらから
「月のように幻想的な、月白の革製品を持って新しい自分を発見してみる」
「レザーマニアへの道、初級編 ~タンニン鞣しとクローム鞣し~」

そんな月白もといフロスティホワイトの色言葉は、「感性、論理、清浄」。パーソナリティは、「美学的な思索のとりこ」。 透き通った白色らしい美しさがイメージできます。1月2日生まれの方、当たっていますか?

鹿革小物

予告! 2020年のラッキーカラー!

毎年、占い師の方々が独自の占いから導き出される「ラッキーカラー」 昨年2019年は月白を含む3色、「赤」、「白」、「ゴールド」がラッキーカラーとされていました。
今年はどうやら「グリーン」、「茶」、「ゴールド」、「ブルー」だそうです! 中でもゴールドは21世紀中ずっとラッキーカラーらしいですよ。
ということで、次回のブログ記事からラッキーカラー特集が始まりそうです。是非お楽しみに!

あ、そういえば、お正月によく見る白で大切な白を忘れていました。 テレビ番組でもおせちでも欠かせない「紅白」の白。紅白かまぼこ、美味しいですよね。

鹿革小物