鹿革製小銭入れの
使い方と選び方

2019年6月16日

財布・長財布

皆様こんにちは、鞄工房山本の晴之です。
昨日、店頭で先行発売した新商品、鹿革でできた可愛い小銭入れ「コインポーチ」。そして7月にはお披露目できるであろうファスナーで閉じるタイプの小銭入れ。 今回はこの2つの型をじっくり比べてみようと思います! 私自身が新しい小銭入れを手に入れるための整理も兼ねて。

鹿革のコインポーチ 価格:6,490円(税込)
鹿革のLファスナー小銭入れ 価格:16,500円(税込)

かわいいコインポーチとかっこいい小銭入れ

小銭入れ、またの名をコインケース。コインケースと言うと小銭を保管するためのプラスチックケースも連想されるのでここでは小銭入れと一貫しましょう。 ホックで留めるタイプの「コインポーチ」とファスナーで閉じるタイプの小銭入れ、 ファスナーで閉じるタイプの方はまだ名前が決まっていないので仮に「ファスナータイプ小銭入れ」としましょう。安直。

第一印象はコインポーチが可愛い! ファスナータイプがかっこいい! といったところ。

コインポーチ
Lファスナー小銭入れ

別の言い方をするとコインポーチはレディース向け、ファスナータイプはメンズ向けという感じでしょうか。 もっとも、気に入っていただいた方を手にとってくださいね!

つくり方と手触りの違い

以前も少し触れましたが、コインポーチは今までの鹿革小物とつくり方が少し違います。 芯材をほとんど使っておらず、「袋縫い」という縫製を採用しました。簡単に言うと、あらかじめ製品を裏返した状態で縫い、完成したところで表に返しているのです。 バッグ等では一般的な縫い方ですが、鹿革製品での試みは実は初めてでした。 それが成功したことで、皆様には今までよりも鹿革の柔らかさを体感していただくことができるのです!

コインポーチ

今までのアイテムでは絶対にできませんでしたが、こんな風に握ることもできます(芯材をほとんど使っていないとは言っても、 裏生地にシャンタンと呼ばれる生地を使っているためその感触は残ります。本当に鹿革だけならもっと柔らかい!)

ファスナータイプは今までと同じくカッチリとしたつくり。コインポケットには顔料仕上げの革を使ったのがキーポイント。革が小銭で汚れにくくなっています。

Lファスナー小銭入れ

小銭入れたちの使い方

コインポーチは小銭かアクセサリーが入るぐらいの大きさ。お札も小さく折りたためば入りますが、これをミニ財布と呼ぶには少し難しい。

コインポーチ

でもこのサイズだからこそ実現できた手に馴染むフィット感。ポケットやバッグに入れておいても邪魔だと感じることは全く無いでしょう!

一回り大きくなりましてファスナータイプ小銭入れ。 外側にはカードポケットが1枚分付いており、メインスペースは仕切りで2部屋に分けられています。 さらに、メインスペースにカードを差し込むことも可能なので、こんな使い方もできます。

Lファスナー小銭入れ

外のカードポケットには電車やバスなどの IC カード。2つある部屋の片方には小銭、もう片方にはクレジットカードと少しのお札。 二つ折りでも長財布でもない、ミニ財布の完成です!ちょっとコンビニに、なんて時には最適なサイズ感ですね!

まとめ

比べてみた結果、余計に迷ってしまいました。一括りに「小銭入れ」と言っても、どちらも違った観点でいいところがあったためです。

小銭入れを束入れの相棒として使うならコインポーチ、たまに独立して使うならファスナータイプといったところでしょうか。 また、ファスナータイプはまだ全色できあがっていないのでそれらが完成したときに色から選ぶのもアリかもしれません。

できあがったときにもう一度悩み直そうと思いますので、その時は皆様、どうかもう一度お付き合いくださいませ!

鞄工房山本 晴之

今回ご紹介した商品

鹿革のコインポーチ 価格:6,490円(税込)
鹿革のLファスナー小銭入れ 価格:16,500円(税込)