鞄コラム

2019/06/11 | スマートキーが収納できる革のキーケース。

こんにちは!革と帆布のかばん専門店 香久山鞄店スタッフの よちこ です。

とにかくコンパクト、1つあると鍵の管理がとても楽になるのがキーケースです。手のひらに乗る程度の大きさですが、様々な工夫がギッシリ詰まったキーケース。最近の主流は、スマートキーが収納できるタイプです。携帯しやすくて、中身が整理しやすいオススメのキーケースをセレクトしてみました。


贈ってうれしい、もらって嬉しい。ギフトにおすすめキーケース。

ふだんはテキトーなもので間に合わせている方でも、何かの機会に誰かからプレゼントされると嬉しいですよね。上質な革製のキーケースなら高級感もあってギフトにもぴったり。バッグや服よりも贈る相手の好みに気を使わなくってすみますから、じつは選びやすかったりします! お財布だと結構なお値段になってしまいますが、キーケースなら、いい革を使っても1万円前後から選べるのも見逃せないポイントです。


鍵のジャラジャラは、キーケースに収納すればOK。

キーリングやキーホルダーの最大の不満は、鍵の束がぶら下がった時の、鍵同士がぶつかり合うジャラジャラ音ではないでしょうか。私なんか鍵のほかに真鍮のホイッスルをぶら下げてますんで、ホイッスルの中の小玉がカラカラと音をたてるんですよ。

真鍮のホイッスル!

真鍮のホイッスルはイザというときに吹く。

キーケースなら、ケース内に鍵をしっかり収めてしまえば、あの金属どうしが擦れ合うジャラジャラを軽減させることができます。


スマートキーが収納できるキーケースがおすすめ。

キーケース

最近の車はスマートキータイプのものがスタンダードです。昔のように物理的な鍵の突起がないので、バッグのポケットなどに収納されている方も多いのではないでしょうか。スマートキーだけならいいんですが、自宅や会社の鍵と一緒に持つことを考えると、やっぱりキーケースが欲しくなります。特にカバンの中であっちこっちにさ迷って、いつも探してばかりいる人(わたし)には、見つけやすいキーケース収納をオススメしたいところです。便利ですよ。


こちらはスマートキーだけ別室に収納できるタイプ。


スマートキー用のスロットが用意されたタイプもあります。


キーフック考。

キーフック、以前は5連とか6連とかもありましたが、最近は4連タイプが主流のようです。昔ほど鍵を持ち歩く必要がなくなりましたもんね。

ここでちょっと裏話をいたしますと、じつはこの金具、フック部分とベースの板金は別製作なんですね。つまり発注次第では、いくらでもジャラジャラ出来てしまうわけです。1つはちょっと大きめのフックにする、なんてことも可能です。よく使う鍵をかけておくと分かりやすいですね。


キーフックの形状による性能の違いについて。

キーフックにもいろいろな形があります。開閉できるタイプのフックは鍵がセットしやすいので便利ですが、わりと簡単に開いてしまったり、可動部分がどうしても壊れやすいのが欠点です。なかでも一番オススメなのが、G型タイプのフック。こいつに鍵を直接取り付ければまず外れません。せっかくだから手持ちのキーフック金具をいくつか掲載しておこうと思います。

馬蹄型キーフック

締結性:△ 耐久性:△ 着脱性:△

はたして馬蹄の形に似てるのだろうか。線材を内側に軽く押すと爪が外れて開く仕組みです。通販でパーツを取り寄せたらフックのカシメがすでに壊れていたという苦い経験があるため個人的には低評価。

フック型キーフック

締結性:- 耐久性:- 着脱性:-

わかりやすい。これは確かにフック。あいにくこのタイプは使ったことがないので評価なし。すこし似た形でアミエットというスイスの高級フックがあります。スイスと聞くだけで高品質な気がします。しかしアミエット高い。

ハート様キーフック

締結性:☓~◎ 耐久性:○ 着脱性:☓

わりとオシャレ度の高い金具です。Wリングを介してだとあっけなく外れる。キーを直接吊り下げておけば大丈夫ですが、行きはよいよい帰りは怖い。一度はめると取リ外すのが大変でした。

G型キーフック

締結性:○~◎ 耐久性:◎ 着脱性:△

Gの字に線材を曲げてリングがバネになっているので滅多なことでは外れません。Wリングで取り付けた場合、キー側のWリングが細いと知恵の輪を外すみたいにあっさり外れることもあります。リング同士でつなぐ場合は、リングの線径を近いサイズにして抜け落ちを防止するか、ファスナータイプであれば内部に収納しておくのが安全です。


キーケースにあるとうれしい+αの収納スペース。

キーケースですから、鍵を入れる専用の道具なんですけど、なんだかんだと鍵以外の収納だって欲しかったりします。このサイズで、あとちょっとだけ収納スペースがあったらいいのにー、って思ったことありませんか。駐車場の支払いのときの小銭とか、コンビニでちょっとだけ買い物するときとか、いちいち財布から小銭を出してらんない。ムキー! そんなときには、小銭やカード、定期券なども収納できるようにファスナーポケットがあると便利です。


ベジタブルタンニンなめしの革を使ったキーケースがおすすめ。

牛革に植物タンニンなめしをほどこしたヌメ革をベースに製作されています。上質なオイルを加えて滑らかなタッチ感の革、仕上げにプレスを掛けて光沢感を出した革、使い込むほどに革の色が奥深く変化し、蜜のような艶が出る革。ヌメ革といっても様々な仕上げをして、アレンジを加えています。使っていくことで生まれる風合いの変化はヌメ革の一番いいところですね!キーケースなら手に触れる機会も多く、かばんや財布よりもいい味わいが出るかもしれませんね。