「敬老の日」に贈る、気持ちを込めた日常使いの贈り物。

2020年9月7日

財布・長財布

こんにちは。鞄工房山本moriです。
少し早いですが、今月9月21日(月)は敬老の日。 いつもなら、敬老の日に合わせておじいちゃん・おばあちゃんに会いに行かれる方も、今年は長引くコロナウィルスの影響でやむなく断念される方や、何か月も会えずにいる方が多いのではと思います。
年に一度の「敬老の日」、大好きなおじいちゃん・おばあちゃんに直接会えない寂しさはありますが、直接会えない分、今年の「敬老の日」には日頃の感謝をたっぷり込めた、自分を身近に感じてもらえるような特別な贈り物はいかがでしょうか。

そもそも、敬老の日とは…?

敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」。 1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で提唱された「としよりの日」が由来とされており、全国に広まった後、1954年に老人福祉法の制定にともない「老人の日」と改称。 1966年に「国民の祝日法」が改正され「敬老の日」という名称で国民の祝日に制定されました。 以降、毎年9月15日は「敬老の日」として親しまれてきましたが、2001年にハッピーマンデー制度が導入されたため、敬老の日は「9月の第3月曜日」に移行。 2020年の今年は9月21日(月)が敬老の日にあたります。

敬老の日のプレゼントは何を贈る?

敬老の日の贈り物をランキングで検索してみると、お菓子やお酒、お花、お洋服や装飾品が人気商品のよう。 特にお洋服や装飾品は、身に着ける度に喜びを感じることができるので、おじいちゃん・おばあちゃんに人気なのだそうです。 また、お手紙や似顔絵など、気持ちが伝わるプレゼントはやっぱり嬉しいもの。
ギフトに添えて贈るとより喜んでいただけるのではないでしょうか。

敬老の日のギフトにもおすすめ、「コインポーチ」と「Lファスナー小銭入れ」

そんなわけで、鞄工房山本は今年の「敬老の日」のギフトとして、日常に取り入れやすく永くお使いいただける革製品のプレゼントをオススメしたいと思います。 これまでにも何度かご紹介しておりますが、今回ご紹介したいのは「コインポーチ」と「Lファスナー小銭入れ」の2種類。 どちらもポケットに入るサイズなので、気軽に持ち歩けて便利なのはもちろん、手にすることが多い小銭入れは使うたびにプレゼントしてくれたお孫さんなどご家族を思い出し、きっと喜んでくださるはず。柔らかでふっくらとした鹿革の素材も手にする度、癒しを与えてくれます。 一緒にお手紙やお孫さんが描いた似顔絵、手作りの肩たたき券など、コインポーチや小銭入れのポケットに忍ばせて贈るのも素敵ですね。 また、直接会えない分、電話でお声を届けるのも喜ばれるのではないでしょうか。
もちろん、ボックスにリボンを添えたギフトサービスも無料で承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

コインポーチ

鹿革本来の手触りを十分に味わっていただくためにあえて芯材を使用せずにつくった、まるくて柔らかな鹿革の二つ折りコインケース。シンプルな動作で中のコインを見渡しやすいデザインは、男女問わずちょっとしたプレゼントとにもおすすめの商品です。

コインポーチ6色

コインポーチ6色

手に持ったコインポーチ

商品ページはこちらから <コインポーチ>6色展開・価格 5,900円(税別)


Lファスナー小銭入れ

コンパクトに小銭とカード・お札も収納できる、L字型ファスナーの実力派小銭入れ。 マチも広くて使いやすい小銭入れは、ミニサイズのバッグでお出かけの女性にはもちろん、ポケットに入れて近場のお買い物やお散歩にもぴったりです。

Lファスナー小銭入れ18色

Lファスナー小銭入れ

Lファスナー小銭入れ中側

商品ページはこちらから <Lファスナー小銭入れ>18色展開・価格15,000円(税別)


ころんとした形が可愛らしい「コインポーチ」と豊富なカラーが魅力的な「Lファスナー小銭入れ」どちらがお好みでしょうか? どちらも柔らかな鹿革の手触りが、ほっこり優しい気持ちにさせる人気の商品。 敬老の日まで時間がありますので、じっくり見比べて、おじいちゃん・おばあちゃんにピッタリの形とカラーを見つけて下さいね。