CROSSLINE 株式会社 クロスライン

カテゴリ画像

  • “心を包む” クロスラインの原点

    創業者である辻野孝氏が、皮革染色業を営んでいた父親から皮革のノウハウを継承。

    1970年、より多くの人に皮革の良さを感じていただきたいと、かばん製造業を始めたことがクロスラインの原点となります。

    社名であるCROSSは創業者である“辻野”の辻より転じて、人と交わり出会いの場を意味し、LINEは未来に対する「希望の光道」を示しています。

    創業より50年、お客様との出会いを大切にし、感動と思い入れを享受していただける商品・サービスの提供に徹し続ける工房です。


  • わずか50年の経験ですが。

    以来、皮革かばん製造一筋で、製作技術の向上に邁進されてきた辻野孝氏。 先日も鞄の構造や技法について相談する機会があり、弊社の商品開発において重要なヒントを頂きました。

    「わずか50年の経験ですが、お役に立てれば幸いです」

    と、半世紀のノウハウをこともなげに語ります。
    決して誇らず、そして驕らず。無為自然な辻野氏の姿勢に、真の職人魂を感じました。


    • 自社工房だから培われた鞄の製造技術

      「昔ながらの手作りという手先だけの技能、技術の継承は勿論ですが、新しい機械、道具、設備をこなす技術を身に着けることによって、表現力が今までよりも一層増します」と力強く語るのは、現工房主の辻野孝太郎氏。

      ふだんは陽気で気さくな人柄の氏ですが、鞄の製作では一転して、寡黙。張りつめた空気感の中で、一期一会の製作に取り組みます。


    • 世代を繋ぐ鞄への想い

      鞄つくりは、人つくりであるとの先代の教えを守り、伝統と革新を実践し続ける職人、辻野孝太郎氏の手から生み出される鞄は、素材の魅力を生かしながらも素材に頼ることなく、革新的なアイディアを取り入れることで、多くの人の心を捉え続けています。


並べ替え
1 ~ 1 件目を表示しています。(全1件)
並べ替え
1 ~ 1 件目を表示しています。(全1件)